乾燥を防ぐことが大切です

スキンケアにおいて大切なことは、乾燥させないということではないでしょうか。肌は乾燥すると、外からの刺激に敏感なって痒くなったりします。肌荒れの原因になってしまいます。

 

また、乾燥するとメイクもしにくくなり、ファンデーションを塗ると粉をふくというような状態になったりします。もともと乾燥肌の人は要注意です。

 

乾燥させないためには、あまり洗いすぎないということが重要です。洗いすぎると肌の皮脂がなくなってしまい、乾燥しやすくなります。洗顔をした後にはすぐに保湿をします。化粧水をつける場合は、1度ではなく時間をおいて何度もつけて下さい。そのあとに乳液でふたをすることが大切です。

 

寝る前にはしっかり保湿をします。寝ている間に乾燥してしまいます。自分に合った成分の化粧品を使ってください。

 

化粧品は自分に合った成分のものを選ぶのが大切

 

化粧品を選びにドラッグストアに行くと、たくさんの種類の化粧品があります。それぞれに効果が宣伝されており、迷ってしまいますね。ついつい効果を期待して選んでしまいがちですが、成分を見て選んでいるでしょうか。

 

特に肌トラブルがない人ならいいかもしれませんが、敏感肌や乾燥肌の人は成分に気をつけてください。合わない成分が入っていると、肌が赤くなってしまったり痒くなってしまうことがあります。

 

無添加や防腐剤フリーやアレルギーテスト済み、などと書かれている化粧品は比較的成分が優しいことが多いです。肌が弱いと自覚している人は、そのような化粧品を選んでください。

 

自分に合った化粧品をしっかりつけることで、肌のいい状態を保つことができます。